"あまりに物件の条件にこだわりを持ってしまうと、 その条件に合う物件数がかなり少なくなってきてしまいます。
例えばお風呂とトイレは別々という条件を変更して、ユニットに妥協することで、かなりの数の物件数に広がります。

 

全てが好条件で理想を挙げればキリが無くなってしまい、 なかなかイメージした物件に出会うことが出来ません。
あまりにも条件ばかりに気を取られてしまうと、家賃はどんどんと割高になっていきますので、妥協できる条件はしっかりと決めておきましょう。

 

実際に物件探しを開始剃る前には、譲ることの出来る条件や絶対に譲れない条件を明確にしておくことでスムーズに物件探しをすることが出来ます。
不動産屋に出向くことで、担当者が貴方の条件を元にして物件を紹介してくれますので、スムーズな物件探しをすることが出来るのです。"



一番大切なのは支払える家賃設定ブログ:20-6-17

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は日々トレーニングする」とか
「減量している間はおかしを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうぼくはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

日々、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
1日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
一週間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

一週間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

1日単位でみると、
夕方食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
1日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、ぼくは思います。